刺青・タトゥーアートメイクについてー新宿中央クリニック

0120-118-874

メール相談 カウンセリング予約

刺青除去について

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら

0120-118-874

メール相談 カウンセリング予約

未成年の方へのご案内

未成年の方が手術や処置を受ける場合、必ず保護者の承諾が必要になります。

脱毛処置をご希望でご来院の方は、下記より承諾書をダウンロードしご記入の上ご持参ください。
承諾書をダウンロードする

刺青除去について

「ファッション感覚で入れてしまった」「すぐ消せるからと勧められた」「ファッション感覚で入れてしまった」「すぐ消せるからと勧められた」など安易に入れ墨やアートメイクを入れてしまい後悔しご相談にご来院される患者様が増えています。では入れ墨が原因で起こるトラブルに多いのはどのようなものでしょうか。

刺青・タトゥー(TATTO)・アートメイクの問題点

結婚を控え、相手方のご両親の心象を悪くしてしまう

本人はファッション感覚のつもりでも、年配の方にとって入れ墨は「その筋の者」として大変心象の悪いものです。「ウェディングドレスの衣装合わせの際に発覚し、婚姻を取りやめた」等の例もあるようです。

公共のサウナやプールに入場できない

スーパー銭湯などの大衆浴場やプールには『入れ墨を入れている方はお断りします』と必ず貼ってあります。これはご本人がガマンすればよいだけなのですが、将来お子さんができた際や友人との旅行などの際に大変

就職拒否や解雇につながってしまう

自衛隊等、規則で入れ墨が禁止されている場合、刺青を理由に解雇につながる恐れがあります。健康診断や社員旅行で発覚することが多いようです。

新しい恋愛時に困る

以前つきあっていた相手の名前を彫ってしまっていたため、それが理由で新しいパートナーとの関係に亀裂が生じるようになった。

流行りのアートメイクが変わった

眉やアイラインにアートメイクを入れたが、「細い眉」「太い眉」など流行が変わり、メイクだけでは流行についていけなくなった。 など、当時は良くても将来を考え長い目で見ると早めに治療した方がよいでしょう。

刺青・タトゥー(TATTO)・アートメイクの社会問題

■医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて
(平成13年11月8日 医政医発第105号 厚生労働省通知 抜粋)

脱毛行為等に対する医師法の適用 以下に示す行為は、医師が行うのでなければ
保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(省略) 針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為

自身で入れ墨を入れる以外、つまりサロンやタトゥースタジオなどのイレズミやアートメイクは医師法や傷害行為に抵触すると思われますが免許を持たない者が行っているのが現状です。
また、サロンやタトゥースタジオはご本人の承諾を得ていても、その後に起こる様々なトラブルには医療機関でないため対応がしきれません。 起こる様々なトラブルは以下の通りです

針の使い回しによって起こる感染症:血液を媒体としてB型肝炎やC型肝炎に罹患するリスク

合成塗料などによるアレルギー:塗料などによる拒否反応

こういったトラブルが社会問題になりつつある昨今、安易に入れることは避けた方がよいでしょう。

刺青・タトゥー(TATTO)・アートメイク除去の治療法

イレズミやアートメイクを除去する治療法は以下の通りです。

施術名 方法 メリット デメリット
修正 肌色や白色の入れ墨を新たに入れごまかす。 サロンやスタジオ施術なので安価。 感染症などのリスクが高い。 後からレーザー治療することが難しくなる。
レーザー除去 レーザー機器を用いて色素を消失させる。 皮膚のダメージが少ない。
ほとんどのカラーへ対応。
大きさに左右されない。
回数がかかる。
切除(単純・分割) 入れ墨の入れてある皮膚を切除し除去させる。 色味に左右されない。 傷ができる。
分割切除の場合、次回の切除まで少し時間かかる。
削る(アブレーション・剥削) 入れ墨の入れてある皮膚を切除し除去させる。 大抵1回で終了する。 皮膚の回復までに時間がかかる。
皮膚移植 他部位の皮膚を入れ墨の部分に移植する。 1回で終了する。 大きすぎるものには不向き。 皮膚の回復までに時間がかかる。
エキスパンダー 入れ墨の入れてある皮膚を伸ばし切除で除去させる。 広範囲の切除が可能。
色味に左右されない。
3カ月前後日常生活が不便。

クリニック選びについて

それでは、「イレズミを除去しよう!」と決意したら何を基準にクリニックを選べばよいのでしょうか。クリニックを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

ポイント1 経験と実績が豊富な医師である事「切って縫うだけならだれでもできるはず」と思うのは大間違いです。実は皮膚の余裕を見越してのデザイン、切除した際の処置や予測等が非常に重要なのです。切って縫うこともしたことない分野の医師が入れ墨除去について的確なデザインや治療を行えません。経験豊富なキャリアの長い医師選びがキレイに入れ墨を除去するコツでしょう。
ポイント2 治療法の選択肢が豊富にある事
「レーザーのみ」を行っているクリニックが多いですが、選択肢が豊富になければ「時間をかけたくない」「傷ができても1度ですませたい」等のご要望にお応えする事が出来ないのです。
ポイント3 刺青・タトゥー除去の症例数が多い事
これはどの治療にも言える事ですが、経験が重要です。様々な方法を数多く手がけているクリニック選びを行う事が大切です。

新宿中央クリニックの4つのおすすめポイント!

それでは、「イレズミを除去しよう!」と決意したら何を基準にクリニックを選べばよいのでしょうか。クリニックを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

おすすめ1 豊富な選択肢
新宿中央クリニックでは、レーザーだけでなく、単純切除、分割切除、アブレーション(剥削法)、皮膚移植(植皮)と刺青除去治療で行える全ての治療法を行えます。
おすすめ2 豊富な症例数
新宿中央クリニックは開院24年と長い経験の中で培われた技術があります。イレズミ除去に特化しているクリニックだからこそ、多数の患者様に選ばれております。
おすすめ3 明朗会計でリーズナブル
入れ墨は時範囲が大きいため、入れ墨除去の治療は高額になる場合が多いです。新宿中央クリニックではモニター割引制度や、セット割引等の割引プランの他に お支払方法も現金、各種クレジットカード、最大84回まで分割可能な医療ローンもご利用可能ですので「現金とカードを併用したい」「毎月のお小遣いの範囲 で支払いたい」等といったご要望にもお応えでき、大変便利です。
おすすめ4 駅近で通院もラクラク
レーザーの場合は3カ月おきに、切除等の場合は抜糸の際など刺青除去治療には数回の通院が必要になる場合がございます。新宿中央クリニックは駅チカにあるため通院に大変便利です。

メール相談 カウンセリング予約

PAGE TOP